So-net無料ブログ作成
妻としてのひとりごと ブログトップ
前の10件 | -

今年の父の日 [妻としてのひとりごと]

今年も父の日がやってきました。

私の父はもう亡くなっているので、プレゼントは義理のお父さんへ。

父の日、母の日、それから義両親のお誕生日にはいつも決まった金額を振り込みしています。

オットは3兄弟。みんな家庭を持っていて、それぞれが同じ金額を渡すようにしています。

ちなみにその金額は義両親が決めました。子ども達の教育費や家のローンなど、お金が一番かかる時だから、と

私たちに負担にならない額をリクエストしてくださいました。

おかげで、毎年何をプレゼントしようか、とあれこれ悩むこともありません。

でもこの数年、私はお金ではなくてパンを焼いて送るのが定番になっています。

お義父さん、大の食パン好きなのです[黒ハート]

なので、毎年いろいろな配合で食パンを焼いて贈るようにしています。

どんなパンを贈っても、「ホントに美味しい」と喜んでくださるので、焼き甲斐もあります。

今年は、今治タオルの「タオルマフラー」を義両親色違いで一緒に送りました。

グランドゴルフや体操、家庭菜園の時にもタオル代わりに使ってもらえたらいいかなぁと思って。

ちなみにタオルマフラーは、自分にも、そして実母や妹にもプレゼントしましたよ~[かわいい]

そして我が家の父の日。

DSC03076.jpg娘からの手紙[ハートたち(複数ハート)]

父の日らしいことは、これだけです[あせあせ(飛び散る汗)]

息子は朝から塾へ行ってて、結局手紙もかけなかったようだし、

その日の夕食もいたって普通のご飯でした。

いやいや、日々がんばってくれているオットには感謝しております。

でも、母の日だって何にもなかったし(←いまだに根にもってる!!)[あせあせ(飛び散る汗)]

だから静かに平和に過ぎゆく父の日でいいかな、と。

オットは昼間好きなだけお昼寝し、リビングのテレビを占領してビデオ鑑賞し、

飽きたころにはふらっと一人釣りにでかけ、父の日を自由気ままに過ごしました。

普段忙しいパパにとっては、こんなだらーんとした日曜日こそが一番の贅沢だったと思います。

パパも「あ~~久しぶりにゆっくりできた~~[るんるん]」と言ってたし。

数日後に宅配で届いたのは、オットが自分でネットで注文したお財布。

封を開けながら「父の日にもらえるかなぁと思ったんだけど、何も出てこなかったから自分で買ったよ」と。

え~~~~、そんな期待してたんだ[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)] それは全くの予想外でした。

来年からはもうちょっと「特別な何か」を準備してあげようかなぁ(^^;)


おうち飲み [妻としてのひとりごと]

 嬉しい嬉しい3連休♪


 だけど、我が家はお出かけの予定なし~[あせあせ(飛び散る汗)]


 子供たちは宿題もほとんどせず、
 「先に宿題終わらせたら?」という私の声をさらりと聞き流し、
 庭に大きな穴を掘ったり、
 虫を探して花壇に入り込んだり、
 少々の雨なんて全く気にすることもなく、
 泥んこになって遊んでいます。


 連休の最終日に、オットの会社の人たちが我が家に来て
 宴会?家飲み?をするというので
 3連休はほぼ家の大掃除&ご飯の支度、で終わったような・・・・・・


 家飲み当日、何人集まるのかオットに聞いてみるも
 「さぁ。3人か、4人か、5人か。それくらいかな」 と。

 オイオイ~~~~[あせあせ(飛び散る汗)]
 人数がわからないと、食事の支度が出来ないんですけど[ふらふら]

 結局人数がわからないまま、オット、ゴルフへお出かけ。
 残された私は、とりあえず下ごしらえスタート。

 コロッケを大量に作り、
 ピザ生地をこねコネ。トッピングの野菜も、カットしてスタンバイ。
 チキンスティックは、にんにくたっぷりのたれに漬け込んで。
 昨日産直売り場で買った枝豆をゆで、
 キューりはごま油風味のたれに漬け込んで、浅漬け風に。
 サラダはポテトサラダとグリーンサラダの2種。
 クジラの塩うね(おばいけ)は、さっと茹でて。
 蒸しなすは、ごま油入りのポン酢で食べていただく予定。

 そうだ!ビールを冷やさなくては!
 オット、350ml缶1ケース、500ml缶1ケース買ってきてるけど、
 一体どれだけ飲むんだろう・・・・[たらーっ(汗)]
 他にも日本酒やら焼酎やらお酒、てんこもり。


 今日の飲み会では、オットの上司さんがいろいろ我が家で料理をしてくださるらしく
 そんなに料理を準備する必要はないよ、と言われたので
 このくらいで足りる?



 午後、オットが伊勢海老とともに帰宅~(笑)
 DSC01906.jpg 伊勢海老が7箱!


 この伊勢海老がゴルフの賞品?参加賞?らしく
 一人一箱もらったそうです。
 今日、我が家に集まる人の分がすべて我が家に到着。


 ということで、本日我が家に集まるのは6人だそうです!  ふ~。

 DSC01908.jpg ただ今準備中。まだまださびしい食卓[あせあせ(飛び散る汗)]



 そして夜、
 我が家にやってきた会社の方たち。
 オット上司さんは、すべての伊勢海老をあっという間にさばき
 エビチリ、伊勢海老のお味噌汁と作っていました。
 他にも、お肉とろとろのビーフシチューを持ってきてくださったり、
 鍋まで持参して魚介類たっぷりのパエリアも自作。
 男性でもここまで器用につくるんですね。
 もう、尊敬です。



 というわけで、
 私の作ったピザやらコロッケは全く出番なし[ふらふら]
 これで明日からしばらく、我が家はコロッケな日々ですな(笑)





 ちなみに。


 私は子供の塾の送り迎えがありましたので、
 お酒は飲めなかったため、ホスト役に徹しました~。
 オットは、みなさんが帰った途端爆睡。
 こら~~~~、片づけ手伝ってよ~~~~~~[ちっ(怒った顔)]



 私はすべての片づけが終わった後、
 久しぶりに正真正銘のおビールで一人、お疲れ様会しました(笑)
 一緒に飲めなかったけれど、みなさん楽しそうに盛り上がってたので、
 よかったよかった。


 次回は、ぜひ送り迎えのない日にヨロシク[るんるん]




 
  

ひとりごと  ブツブツ・・・・・ [妻としてのひとりごと]

 GWの3連休に、オットの両親が2泊3日で我が家へやってきました。


 3月に義両親を囲んで、金婚式のお祝いの会を開いたばかりなので、
 GWはこちらに呼ばずに、家族でのんびりでいいな、
 義両親に会うのは、次は夏休みだな。。。。

 と、一人で考えていました。
 今年はTDRにも行ったし、3月のお祝いの会もあったので
 GWは近場の海か公園に行くくらいでいいな、と。

 ところが、オット、3月に両親に会ったときに、
 「GWに遊びにおいでよ」とお誘いしていたようで・・・・[ふらふら]
 私に一言の相談もなく、そんな簡単にお誘いされても[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]


 オットの仕事が入った、と言ってお断りしようかとも思ったのですが、
 きっと息子においで[るんるん]と言われた両親は、わくわく楽しみにしているに違いありません。
 それを思うと、さすがにお断りすること出来ず[たらーっ(汗)]


 オットにしてみれば、両親が来る事が、なぜそんなに大変なのか
 全くわからないようです[あせあせ(飛び散る汗)]

 家じゅう掃除して、お布団を準備し、
 たくさん食べる両親の為に、たくさんの料理を作り、それからそれから・・・・
 「外食で済ませばいい」とオットは言いますが、
 義両親、外食が嫌いです。
 味付けは超・うす味なので、何を作るにもとても気を使います。
 両親とも70歳前後ですが、この年齢の方には珍しいほどよく食べます。
 私は魚料理が苦手ですが、義両親は魚が大好きです。
 
 今回も、数日前から家じゅう大掃除。
 トイレや洗面所、お風呂場は特に念入りに。

 庭も出来る限りは雑草を抜いて掃除。
 洗車もしました。黄砂のおかげで、あっという間に汚れましたが[ふらふら]
 食材を買い込み、メニューを考え、手順を考え。あ~忙しい忙しい!!
 
 なのにオット、自分は何かを手伝うわけでもなく
 友達と泊まりでゴルフ旅行に出かけてるし~~~~~~~[ちっ(怒った顔)]
 義両親を喜ばせてあげたいと思うけれど、
 なんとなく一人で奮闘しているようで、ものすごくむなしい。
 そしてだんだんと腹立たしい。



 両親が来る当日も、オットは朝から魚釣りへ。
 なんでやねん!!!!!!
 私は朝から座る間もなくキッチンで料理してるっていうのに!!

 も~、これは文句の一つも言わせてもらうわ[ちっ(怒った顔)]と思っていたのですが、
 実はこの釣りが、結果的には両親を喜ばせることに[あせあせ(飛び散る汗)]


 DSC00817.JPG 天然の鯛が2匹!


 オットが釣った鯛、オットが自分でさばきました。
 (以前、私が3枚におろしたのですが、オットに不評。
 文句言うなら、今度からは自分で処理してよねっ[ちっ(怒った顔)]って事で!)
 オット、魚さばくの初体験!
 3枚におろしたのですが、まぁ、見事に身がちょっぴり[あせあせ(飛び散る汗)]
 身がたっぷりついた骨の部分は塩焼きに、
 小さいながらもとれた身は、鯛しゃぶとお刺身に、
 そして大きな頭は、
 DSC00821.JPG 備長炭で炭火焼!

 鯛2匹、頭まできれいに食べきりました。
 今回、あえて苦手な魚料理を全く支度していなかったので、
 この鯛のおかげで、両親は大喜びしていました[黒ハート]
 下手でも、息子がさばいてくれた、なんて、親にとったら大感激だったみたいです。


 DSC00819.JPG 私もかなりがんばったんですが・・・

 ひじき入りコロッケ、
 筑前煮、
 ナスの揚げ浸し、
 ごぼうのさくさく揚げ、
 ひじきと大豆の五目煮、
 キューリとシラスの酢の物、
 ポテトサラダ、
 若竹汁、 などなど。

 朝からひたすらキッチンにて食材と格闘して料理しましたが、
 結果的にはオットの釣ってきた鯛にお株を奪われた感じですね[あせあせ(飛び散る汗)]


 翌日はみんなで大久野島へと出かけたため、
 帰宅したのは夜の8時。
 「疲れたね~」とみんなはお風呂に入ったりテレビを見たり。
 当然、私はそれからわき目も振らず、夕食の準備。
 ご飯をとぐ事からはじめなきゃいけないんだから、もう超大変でした。
 
 「遅くなったから、どこかで何か食べて帰ろう!」と言ってくれる人、
 なぜいないんだ~~~~~!!![ちっ(怒った顔)]


 ま、こんな事もあるだろうと、
 前日、そして今朝も出かける前から下ごしらえしておいたわけですが。。。
 
 タケノコの煮物、
 野菜巻きトンカツ、
 巾着煮、
 山芋たんざく、
 餃子(これだけはオットのリクエストで、王将で買ったものです)
 などなど。


 みんな食べて飲んで、あっという間にバタンQ[眠い(睡眠)][眠い(睡眠)]

 みんなが気持ちよく寝ている頃、
 私は大量の食器を片付け、
 翌朝用に野菜スープを作り、
 両親にお土産にする食パンをタイマーセットし、
 両親に持たせるお弁当用に、タケノコご飯の下ごしらえをし。


 もう、ヘトヘトです。


 2泊3日、我が家で過ごした両親は、
 ご機嫌で帰っていきました。
 多分、、、楽しい時間を過ごして満足してくれたのでは、と思います。

 嫁として、オットの妻として、
 ホント~によくがんばりました、私(笑)[グッド(上向き矢印)]
 お疲れ様!


 追伸・両親が帰った日の夜、私は夕食作り放棄!
 さすがにオットも文句も言わず、残り物でささやか~に何やら食べておりましたwww
 

 
 

オット、無断外泊する [妻としてのひとりごと]

 昨夜は睡眠不足と遊び疲れの為、早々21時前に就寝~[眠い(睡眠)]した私。

 夜中の何時だったか・・・・窓全開で寝てたもんだから、寒くなって目が覚めた。
窓閉めて、ついでにトイレに行ったら、オットの部屋はからっぽ。
今夜も飲んでんのね~と思いながら、特に気にせず再び夢の中へ。

 今朝はしっかり7時まで寝ていた私。

 やっぱりたっぷり寝ると気持ちいいわ~とか言いながらオットの部屋見たら・・・・
昨夜のままからっぽ。
あらま、これはリビングでくぅの相手でもしながら寝たのね、と思いながら下に下りた。

・・・・オット、いませんでした。

 お~~無断外泊というやつじゃない!!
今まで私が起きた後、5時とか6時とか7時とかに帰ってきた『朝帰り』ってのは
何度かあったけれど(ま、これも無断外泊に限りなく近いといえば近いけど[あせあせ(飛び散る汗)]
連絡なく7時過ぎても帰ってこないのは初めてかも。

 とは言っても、結婚14年。
 どこの女の家に泊まったんだ!とか、ふしだらな遊びしたんじゃないの?とかいう発想は
不思議となく、
「あら、今日も仕事なのにどうするんだろう」と。
きっと新婚時代だったら、もうヤキモキして寝ずに待ってたか、
携帯に電話し続けてたでしょうけど(笑)
ちなみに、結婚した94年、携帯なんてほんの一部の人しか持てない高級品だったよなぁ。

 で、どこか道端で倒れてる、なんてことがあっても困るので、7時半ころ携帯に電話してみた。

 電話の向こうには、明らかに寝起きのオットの声。
なんでも会社の同僚の家で飲み、そのまま寝てしまったのだとか。
その後、夫が我が家に帰宅したのは9時を過ぎてからでした。

 帰宅したオットを見た瞬間、
 明らかに浮気だとか、いけない遊びじゃなかったのね、と確信。
(最初からそんな心配はしてなかったんだけど、
これって信頼しているから?それともさほど興味がないから?
ど、どっちなんだろ、私は[たらーっ(汗)]
 
 だってね、だってね。
オット君、かなりヨレヨレでご帰還でしたから(^^;)
実は昨日が誕生日だったオット。
会社の飲み会の後、何気なく「今日誕生日なんだ」と口走ったばかりに
同僚やら後輩に飲まされまくったのだとか。
 途中で記憶喪失になった模様。

 スーツのズボン、見事に破れてました。
も~~~今シーズン買ったばかりなのにぃ[ちっ(怒った顔)][ちっ(怒った顔)][ちっ(怒った顔)]
どこかで転んだんだと。も~いい加減にしておくれよ、オット君。
 
 朝帰りも、無断外泊もさほど気にしない私ですが、
スーツをダメにされるのは、非常に気になります。実に困ります。

オットへ
 昨日はお誕生日おめでとう。
 次回、飲んでも決して転ばぬようお願いします。
 転ぶなら、せめてスーツを破かない程度でよろしく!
 体の為にも、脱メタボ腹の為にも、お酒はほどほどにね。
(しかし、ズボンが破れるほどの転び方って・・・・・・気の毒だけど想像してちょっと笑えた私は悪妻でしょうか? ぷぷぷ)

乾燥肌? [妻としてのひとりごと]

 ここ数日、娘のお肌の調子が悪い。

 口の回り、特に顎の辺りがとても荒れていて痛々しい。
手や足もしきりに痒がり、所々に掻いてできた傷もある。
手には小さな発疹もあるし。

 行きつけの皮膚科へ。

 おじいちゃん先生がいる皮膚科、毎度毎度笑顔で迎えてくれる。
 そして・・・・・
 診察が恐ろしく早いっ!

 私が症状の説明を終えないうちに、
「あ、これは乾燥だね。この子は普通の子よりちょっと敏感な乾燥肌だからね。
薬、だしておくからね。
あ、体は洗ってあげてね、でもゴシゴシはダメね、やさし~くね」

 この間、多分1分くらい(笑)

 看護師さんに薬を塗ってもらってあっという間に終了~。

 娘、確かに乾燥にはとても弱く、以前も体中があれて診察を受けた。
あの時は冬だったのに、今回は初夏。
こんな季節にも乾燥するんですね、と聞いたら
汗をかき始めるこの季節も乾燥はするんですよ、との事。
 季節の変わり目には注意が必要みたい。

 よかったよかった。
これで数日後には元通り、キレイなつるつるお肌が戻ってくるといいんだけどな。

どっちが悪い?? [妻としてのひとりごと]

 時々嵐のごとくやってくる夫婦喧嘩ネタで恐縮ですが・・・・

 朝ごはんを食べていたオットが言った。
「会社の同僚が来たいって言ってるから、1日に呼ぼうと思ってるから」

 え?1日?
そりゃぁあなたは長い長いGW真っ只中でしょうが、私にとっては普通の日。
子供達は幼稚園や小学校へ行くわけだし。
もちろん翌日だって平日。(ついでに言わせていただくなら、娘と私は親子遠足だ!)
 夕方会社の方達が何人も来るという事は、子供達の生活リズムは明らかに崩れる。
宿題やお風呂、夕食、そして就寝時間だって普段とおりにはいきっこないし。

 だから私はとっさに「1日は無理。だって平日なんだよ。子供達のことを考えたら
翌日がお休みの日じゃないとダメ」と。

 「それなら2日にする」とオット。

 またしてもちょっと待った~~~!!
だから2日は遠足なの。私も一緒に行くの。多分帰ってきたら親子でヘトヘトです。
帰宅するのだって午後になってからだし。
それなのに、その日にお客様を招待する準備が出来る??
 それにそれに、その翌日からはオットの両親が泊まりに来ます。
その準備だってしなくちゃいけないのに。

 オット、切れました。
 俺の友達は呼ぶな、という事なのか!
 イヤならイヤとはっきり言え。それなら二度と呼ぶなんて言うものか!!
 なぜいちいちコメットの了解を得ないといけないんだ!!   などなどなどと・・・・

 私、呼ぶのがイヤなんて言ってないんです。
呼ぶなら日を考えて欲しいと。
子供の事、私の事も考えてから相談して欲しいわけです。
それがそんなにいけない事なのでしょうか??
 オットいわく、手料理なんて作るひつようない、誰も素人の作った料理なんて食べたくないんだから。
ネットやデパ地下で美味しいものを取り寄せたほうが、みんなも喜ぶし、
それが俺達のニーズにあっている、そういいます。

 家へ招待するってそんなもの?
少なくとも、私は下手は下手なりに手料理でおもてなししたいし、
お客様(それもオットの会社の方はみんな初対面)が来るなら、
掃除だって気合いれなくちゃいけないと思ってるし。
 来て下さった方が、「楽しかったね~」と言いながら帰って欲しいのに。

 会社の同僚は料理を食べにくるわけじゃない、「家」を見にくるんだ、と言うけれど
私の妻としての立場は?
なんだかなぁ。なんだかなぁ。

 売り言葉に買い言葉だけど、なんだかひどく侮辱された気がして私、朝から号泣[もうやだ~(悲しい顔)]
普段は息を殺してこっそり台所の片隅で泣くタイプ(^^;)なんだけど
今日はあまりにも悔しくて、持ってたバターナイフ投げつけて号泣した。朝から。

 どっちが悪いんだろう?
 確かにオットは新居に越してきてから何度となく呼びたいと言ってたけど。
でも結局タイミングが合わず断念続きだった。
今となれば、いつも私が嫌な顔するから呼べなかった、と言われる始末。それは濡れ衣だけど[ちっ(怒った顔)]

 結局はオットと私の感覚の違い。
オットは家を見せがてら、ちょこっと食事して2、3時間でお開きにするくらいの感覚。
私は手料理をたくさん作り、食事とお酒メインでのんびり&ゆっくりお家ご飯を楽しむ、という感じ。
 オットはお客様を招待する事を気軽~に考え、
 私は気合い入りまくりの一大イベントと考える。
要するに、お互いちゃんと話さなかった事がいけなかったのね、でなんとな~く解決はしたのですが。

 なんとなくしっくりこない私。
 それはなぜ?
「掃除なんて1時間もあればできる」
「準備準備って大騒ぎするけれど、ちょこっとしたつまみくらい、すぐ出来るだろう」
「誰も素人の手料理なんて食べたくない」
とか、なんか主婦をなめてません???
 オットの主婦への理解度は相変わらず低いことがとても寂しい[たらーっ(汗)]

 長々と犬も喰わぬ夫婦喧嘩ネタにお付き合いくださりありがとうございした。
時々こんな感じでバトルしてますが、結婚14年、それなりに普段は平和です[かわいい]


軽く愚痴 [妻としてのひとりごと]

 ゴールデンウィークに夫と喧嘩。
お互い謝ることなく、友達が泊まりで遊びに来たこともありなんとなく仲直り。

 結局、ちゃんと仲直りしていないので、すぐに同じような状態になるわけです。
前回の喧嘩から約2週間、やっぱり同じようなことでまた喧嘩。
あ~疲れる。

 多分、どちらの言い分もありだと思います。
毎日午前様で仕事している夫は、仕事がない週末くらいのんびりゆっくりしたい。確かに。
夕食前、食事の用意やら子供のお風呂の支度でてんてこまいの私。
ソファーに寝転んでテレビみているなら、せめて子供をお風呂にいれるくらいしてくれない?
この気持ちもわかりませんか?

 不器用な私は、一つの事に集中するとなかなか他の用事を要領よくこなせません。
空っぽに近い冷蔵庫を相手に、夕食メニューを考え、それと同時に
子供達のお風呂の支度したり、部屋の片付け、洗濯も同時進行です。
のんびり「今日のご飯なに?」と言って寝転んでいる夫に腹もたつわけです。
せめて、ほんの少し手をかしてくれればいいのに。
それどころか「俺は昼間シャワー浴びたから、風呂入らないから」と。
って事は、子供達をお風呂にもいれなくちゃ。
 ついつい苛立って、夫に嫌味の一つも言ってしまうわけです。

 まぁ相変わらず実に些細な事がきっかけで口論1時間。
営業マン暦十数年の夫、さすがに口はたちます。悔しいけれど口ではかなわないんだなぁ、私。
確かに最初は夫に対して怒っていたはずなのに、
気がつくと私一人が悪者になって終了。なんとも煮え切らないわ。
でも子供がいる手前、これ以上喧嘩を継続させられないもんね。
感受性の強い長男はすぐに敏感に察知するし(^^;)

 絶対的に納得はいかないんだけど、今日は私が謝って終わり。
でも「その言い方は絶対悪いと思っていない」(はい、思ってませんけど・・・・・)とか言われ
子供が寝てたら間違いなく第2ラウンド突入してたわ!!!


気がつけばいつもの私達(^^;) [妻としてのひとりごと]

 相変わらず口を聞かない私達夫婦。
お互い、子供とだけは普段通り、いや普段より熱心に会話している感じ。
しかし、今日は神戸から夫の後輩ファミリーがお泊りに来る日です。
こんな状態で一体どうなるのやら、と内心かなりブルーでした。

 さすがに友達が来るということもあり、夫婦が口をきかないわけにもいかない状態になってきました。
何時頃到着するのか、どこへ案内すればいいのか、夜の食事メニューはどうなっているのか・・・
最初はお互い喧嘩ごしでピリピリしながら会話。あ~~ストレスたまる。
でも次第に喧嘩している場合ではなくなり、気がつけば普段通り、スムーズに会話している事に
気がつきました。
 ま、仲直りしたといえば仲直りしたんだろうけど、どちらかが謝ったわけでもなく、反省したわけでもなく。
要するに根本的な部分では全く解決していないわけで、多分またしばらくすると
同じような内容で犬も喰わぬ喧嘩をする事は目に見えています。
が、これから友達が来るわけで、もう喧嘩とか意地の張り合いをしているわけにはいかないわけです。

 後輩夫婦は私達より10歳近く年下。子供は1歳を過ぎたばかりの女の子。
以前福岡に住んでいたときに同じマンションに住んでいたこともあり、家族ぐるみのおつきあい。
問題は、奥さんがものすごい偏食って事(^^;)。確かお肉苦手、お刺身苦手・・・・どうしよう。
であれこれ悩んだんだけど、みんなの好み考えてたらメニューが成立しないので
私の独断にて決定。

ピザ、豚の角煮、ナスの甘辛煮、アサリの酒蒸し、雷こんにゃく、春巻き、春雨サラダ、
水菜と長芋のカリカリサラダ、マカロニサラダ、冷奴、枝豆など。
ご飯はタケノコご飯と若竹汁を用意。
明日の朝食用にきんぴらごぼうやほうれん草の胡麻和えなど。
 気がつけば、私は朝からず~~~~っとキッチンに立ちっぱなし。

 友達家族は午後4時頃到着しました。
会うのは1年ぶりかなぁ。まだ赤ちゃんだったあ~ちゃんもしっかりした足取りであんよ。可愛い~♪
我が家のののちゃんは案の定人見知り全開で、ずっと固まっておりましたが。

 久しぶりにみんなでワイワイガヤガヤと料理を食べながらお酒を頂き
楽しい一時となりました。
気がつけば私は料理出したり片付けたり、子供の食事の面倒見たりでいろいろ作ったわりには
ほとんど食べるに至らなかったのがちょっと残念。
みんなが寝静まった後、片づけをしながらヤレヤレとご飯を食べた次第です。
さすがに疲労困憊。でもみんなが美味しいお酒を飲んでくれたようで、それが何よりです。


夫婦喧嘩、その後(さらに悪化中) [妻としてのひとりごと]

 今日から4連休。さぁ家族でお出かけだ!!といいたいところですが
我が家はそんな和気藹々の空気、なし。

 些細な事が発端となって始まった夫婦喧嘩、ただ今3日目。
いまだほとんど口を聞いていません。

 今日は朝から夫と息子が潮干狩りに行こうと話し合っているのはしっていました。
が、私は何も聞いていない。もちろん相談なんてなし。
でもこれがきっかけで仲直りするのも悪くないかもね、そう思っていた私が甘かった。

 夫、息子を通して「行くの?行かないの?はっきりしろ、だってさ」と息子。
こんな状態で家族揃って出かけられるはずがないよね、絶対。
狭い車中が険悪だったら、こんな居心地の悪い外出はないから。
「こんな状態ででかけられるはずがない。仲良くしようとお互い歩み寄れるなら行くけど」と私。
そしたら夫、なんて言ったと思います?!
「もう一生仲良くなんて出来ないかもしれないだろうが!」だと。
 
 私はやはり子供達の手前、ここはお互いが歩み寄って喧嘩両成敗、仲直りしなくちゃ
いけないなぁと思っていました。なかなか口では言えないので、怒りをおさえつつも
家事はちゃんとこなしていたのに。あんなこと言われた後だから、夫の食事なんて
作るのがいやだったけれど、それでは喧嘩が長引くだけ、ここは私からの歩み寄りも大事よね、と
ちゃんと支度もしていたのに。
 どうやら私の気持ちは察していただけなかったようで。はぁ。

 「どうせ家の中に居たって仲悪いんだから、車でも同じじゃん。
子供が楽しみしているんだから、早く用意しろ。5分でしろ(無理です!)。」と怒鳴る怒鳴る。
こんな状態で一緒に出かけられると思いますか?
何より許せないのは、子供達の前で私に怒鳴ったこと。
私だって言いたい事あるけど、子供が見ているからとぐっとぐっとこらえているのに。
 もちろん、私は潮干狩りには行っていません。
着替えも済ませ、長靴を履いて嬉しそうに飛び跳ねていたののちゃんも、
私が行かないため、連れて行ってもらえませんでした。
ののちゃんは置いていかれた為、号泣です。
私達がくだらない喧嘩をしている為、せっかくのお出かけを台無しにしてしまったのです。
泣いているののちゃんみたら、なんだか申し訳なくて私まで涙。
 結局、夫婦喧嘩するとそのしわ寄せが子供達に来てしまうんですよね。

 早く仲直りしなくちゃ、と思う反面、夫は「一生仲良くなれないかも」と言い切っているし。
私一人が必死で仲直りしようとしている事がなんとなく惨め。
どうしようかな。
 明日は夫の友達夫婦が泊まりにくる予定になっています。
こんな空気の冷え切った我が家に友達を呼ぶなんて辛すぎです。
でも今更断れないしなぁ。
 なんだかこの数日で、どど~~~っと疲れ倍増しています。
気分転換にパンでも焼いてみようかなぁ。


夫婦喧嘩、悪いのはどっち?? [妻としてのひとりごと]

 世の中はゴールデンウィーク真っ最中。
長期のお休みを家族で楽しんでいる人たちも多い事でしょう。
・・・が、我が家はまさに冷戦状態です。

 発端は実に些細な事で、まさに犬も喰わない夫婦喧嘩。
説明するのもバカらしいくらい些細な事がきっかけでした。
で、売り言葉に買い言葉。
「言い方がに思いやりがない。大体私に大して優しさがなさ過ぎる」
「その言葉、そっくりそのまま返すわ」
とまぁこんなやり取りが続いたわけです。
そして気がつくと、当初喧嘩の発端となった事とはかなりかけ離れた内容で言い合ってて
その時夫が言った言葉が
「収入もないくせに偉そうな態度するな。パートでもして少しでも稼ぎがあるなら認めてやるけど。
主婦が家事するのは当たり前。それなのに自分ばかりしんどそうな態度とるな。
子供二人育てるのがそんなに大変なわけ?」と・・・・・・
 それまでは負けてなるものかと言い返していたけれど、これを言われたらもうダメ。
怒りを通り越して、情けなくて悲しくて。
あまりの悔しさにパントリーにこもってタオル握りしめて号泣。
そこら辺にあるお皿を思いっきり割ってやりたい衝動にさえかられたけれど
「後始末大変だし・・・」とそういう所だけやけに冷静でした。

 なんだかあんな言われ方したら、主婦としての今までを一瞬にして否定された感じ。
お給料という社会的な評価がないと、私自身に価値はないのでしょうか?
試行錯誤しながらも、子育ては一生懸命しているつもりです。
食事の支度、掃除や洗濯はもちろん、妻として母として出来ることはそれなりに
がんばってきたつもりだったのに。
 
 なんかすっごく惨め。
夫はそういう視点で私の事をみていたんだなぁと思うと、13年の結婚生活が
ものすご~くむなしいものになってしまった気がします。

 専業主婦がそんなに悪いのかな?
「疲れた~」って顔したらそんなに悪い?
夫、子供達が寝転んでテレビ見ている間、ずっと一人あたふたと家事し続けてた為
多少イライラもして子供にもあたったかもしれません。
が、全く育児に手を貸さない夫から
「自分の手際が悪いのに子供にあたるな」と言われる筋合いはないような気がするのですが。
というか、絶対そんな事言って欲しくないよ。

 なんだかなぁ・・・・
それっきり全く口をきかない私達。
子供の前で夫が私を侮辱したことも許せないしな。
今回の喧嘩、長引く予感。家の居心地が悪すぎだ~~~(泣)


前の10件 | - 妻としてのひとりごと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。