So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

大失敗です [育児]

先日、ムスコの通う中学校の参観日がありました。

入学式以来の中学校、まだ友達ができていない、というムスコの様子がとても気になりつつ
参観日、そしてその後の学級懇談会へと出席してきました。

参観日の数日前に、ムスコから
「参観日で先生にあったら、Nくん(ムスコに対してあれこれ言ってくる男の子)の事を
話してほしい」
と言われました。
その日、教室で誰かに椅子を何度もけられ、そのタイミングでN君に「死ね、死ね」と言われたのだそうです。
「死ね」という言葉が、ムスコにかけられた言葉かどうかは定かではないようですが、
でも確かに自分の背後からその声が聞こえた、と。


それがムスコに対しての言葉ではなかったとしても、
教室ないで誰かに対して「死ね」という言葉が当たり前のように飛び交う事はとても不愉快です。
その言葉を聞いて、私も先生に相談するタイミングだな、と思いました。


参観日、学級懇談会の後、保護者の方々が帰るのを待って、
担任の先生と直接お話しさせていただきました。

ただ・・・・・

私、ホント情けないのですが、先生と話しているうちに
ボロボロと涙が止まらなくなってしまい、号泣してしまったんです。
もう、ホントみっともないです。バカバカ、私。。。。

先生に、入学後、ムスコから聞いていたN君の話、
うざいとか、きもい、とか言われてからかわれている事、
今まで仲のよかった塾でのお友達までも、N君と仲良くなると自分の事を無視するようになった事、
そんな日々が続き、小学校に戻りたいと卒業アルバムばかり見たり、
時には帰宅するなり毛布をかぶって泣いていたこと、

そんな話をしていたら、辛かった息子を思って涙が止まらなくなってしまって。


まだ20代後半の若い女性の先生と、大学を卒業したばかりの新任の男性の副担任の先生、
きっとびっくりしたことと思います。
副担任のの先生なんてポカーンって感じだったのではないでしょうか。

入学式以来ですので、先生と私が直接お話しするのはもちろん初めてです。
それなのに、いきなり泣かれては、先生だってさぞかし困ったことでしょう。
自分でも、そこまで取り乱す予定は全くなかっただけに、情けないやら恥ずかしいやら。

母として、もっと冷静に毅然とした態度で先生とはお話しなくてはいけなかったのですが。
ただ、息子の現状をきちんと先生には知っていただきたかっただけなのに。
知っていれば、先生もきっと気にかけて見てくださるはずです。

実際、中間テスト後にするつもりだった、という席替えを、
少し早めに実施しようと思う、
Nくんとの席を離すようにしたい、とおっしゃってくださいました。
また、できればN君から何かしら言われた時は、遠慮なくその日のうちにご連絡ください、
なるべく早く対処したいので、ともおっしゃっていただきました。
先生への電話もしてよいものか、どうなのかという迷いもあったので、
「ぜひかけてください」と言っていただいたことは、私にとっても有難い言葉でした。

過保護かな・・・・
モンスターにならないかな・・・・・という迷いも相当あったのですが、
やはり先生に相談したのはよかったと思っています。泣いてしまったのは予定外です(^^;)


先生の目からは、ムスコがそんなに孤立しているようには見えなかったので、
そのような状況になってるとは、想像もしていなかった、とおっしゃっていました。

多感な年ごろになり、小さないざこざはきっとあちこちで起こっているとは思います。
ケンカだってある意味、この年頃には大切な経験になると思っています。
自分で友達の輪に飛び込む勇気も必要だし、
きっかけを探す努力だって必要です。
決して人を傷つけない優しさも必要だし、
笑顔も思いやりも大切です。

でも、そんな当たり前の事を実践する事にちょっと後ろ向きになっているムスコに
大丈夫だよ、と背中を押すきっかけになればと思い
先生にも相談させていただきました。
友達は先生が作ってくれるものではありません。
最終的には自分で気の合う仲間を見つけるはずです。


母はちょっと情けない失態を演じてしまいましたが、
これをきっかけに、ムスコの中学校生活が少しでも前向きに、楽しくかわってくれればいいなぁと
心から思っています。


私自身の中学校時代を思い出しても、
友達との行き違い、仲間外れ、ケンカ、仲直り・・・・・いろいろありました。
でもなんででしょう。
自分の時よりも今の方がずっとずっと思い悩んでしまう自分がいます。
子どもの事になると、自分の事より胸が痛いんです。

きっと優しいいい子がいっぱいいるはず。
早くバカを言い合える友達に出会えますように!!






悩み

GWが終わり、ようやく本格的にあたたかくなってきた感じでしょうか?

でも、でも、毎年この季節はすでに半袖が何度も登場したような記憶があるのですが・・・
未だ、衣替えも途中でとまったまま、ファンヒーターもまだダイニングにでんと鎮座しております。

GWの事やら、近況などあれこれ書きたいのですが。


実は、今悩んでいる・・・いや心配していることがあります。

それは私立中に進学した息子の事。

小学校4年生から通塾し、それなりにハードな日々を過ごして今の中学校に入学しました。
新しい学校、新しい環境、新しい友達、先生、勉強・・・
いろいろな事にドキドキわくわくしながら入学したはずなのですが。

ムスコは「中学校、何一つ楽しいことがない」
「小学校に戻りたい」

そういっては、小学校の時のアルバムを何時間も眺める日が続いています。
時には、学校から帰宅しても無言のままで、そのうち毛布をかぶって泣いてたり。

どうやら、友達ができていないようなのです。

「今日も誰とも一言もしゃべってない」 そういいながら帰宅してくる日が続いています。


本人は「別に一人でもいいし」「気が楽でいいじゃん」と強がっていますが、
いいわけないんです。
クラスにボス的な男の子がいて、ムスコはその子の最初のターゲットにされたような気がします。
「うざい」とよく言われているようです。
ボス的存在のその子の周りには、あっという間に友達の輪が広がり、
今まで中のよかった同じ塾友だった友達までも、なんとなく息子の事をムシしているような感じなのだそうです。

もちろん、私はムスコからの一方的な訴えのみしか聞いておらず、
実際はどんな状況なのかは推測でしかないのですが。

ムスコは目立つタイプではありません。が、体が小さい事が逆に目立つのかもしれません。
入学式当日も、見知らぬ誰かに「チビがいる~」とからかわれたと泣いていました。

一日中、誰ともしゃべらない学校生活。
ムスコがひとりポツンと教室で座っている姿を想像すると、私の方が辛いのです。
中学生になったムスコに対して、どのようなアドバイスをすればいいのか、わからずにいます。
周囲も知らない人ばかりで、助け船を出せる相手もいません。
先生には相談しないでくれ、と言われています。

部活に入部することも入学前は楽しみにしていたはずなのに、
それも友達がいないから、または苦手な〇〇君が入ってる部活だから、
という理由でどこにも入らないまま。

楽しい学校生活を期待し、受験までして入学したのに。
こんな事なら、友達と同じ公立の中学校へ入学しておけばよかったのでしょうか?


もう中学生なんだから、自力でいまを乗り越えるべきかもしれません。
あれこれ親が心配するのは過保護かも。
小学校の時、お友達に恵まれていた分、今の状況はきっとそうとう辛いと想像できます。
知らんぷりして、もうしばらく様子を見た方がいいのかな?

だけど、母はちょっと、いやとても気がかりです。



中学校生活スタート! [育児]

4月、今年は桜の開花が早かったせいもあり、入学式の時にはほとんどが見事な葉桜。

そのくせ、入学式当日は寒波がやってきたせいで、気温が急降下。
強風&気温の低い、さむ~い入学式となりました。

市内のみならず、県内各地から子どもたちが入学しているため、
クラス分けのプリントを見ると、各地の小学校(出身校)の名前がずらり。
クラスに同じ小学校の卒業生がいるわけではないので、こちらのほうがちょっと不安・・・・

ただ、幸いにも同じ塾だったお友達が何人かいるので、ムスコ本人は思ったよりは落ち着いてたかも。
実際、クラスにはいってみると、し~んとしているのかと思いきや、
以外とあちこちでワイワイとにぎやかに盛り上がってる~~♪
どうやらみんな、塾友とグループになっているようです。
最初はみんな不安だからね、顔見知りがいると安心するんだよね(#^.^#)

入学式の翌日からは、早速お弁当持参、そして早速授業も開始。

最初の2,3日こそ軽かったカバンも、その後はずっしりと重たい重たい。
まだ徒歩で通学しているムスコは、カバンを背負うとあまりの重さで普通に歩けない[ふらふら]
まだ慣れてないし、あまりにも重たい鞄が可哀そうだし、とかなんだかんだと言い訳しながら、
心配な母は、毎日途中まで自転車にカバン乗せて運んでいるのです。

あ~過保護過ぎ[ふらふら]
わかてってはいるのです。もう中1なんだから、一人で行かせなくちゃいけないです。
でもまだ140センチにも満たないチビっこい息子が、
ずっしり重たいカバン背負って一人歩いてる姿見てると、ちょっと切なくて・・・・・

でも入学して2週間。
母の見送りもそろそろ終了かなぁと思っています。

DSC05799.jpgDSC05791.jpgDSC05775.jpg

こんな感じで、たった2週間ですっかりマンネリ化してしまったお弁当ですが、
なんとかがんばって作ってます。
「キャラ弁にして~[るんるん]」とムスコはリクエストしてくれるのですが、
ん~、さすがに毎日作るお弁当をキャラ弁にするまでの余裕もなく。。。。。[あせあせ(飛び散る汗)]
気がつけば、茶色いおっさん弁当になってる日も多々あり[たらーっ(汗)]

友達いわく、彩りがキレイ♪ とか 可愛いお弁当♪ とか言うのはホントに最初だけだからね、
そのうち、量がたっぷりで、フライやお肉満載の茶色いおっさん弁当を好むようになるんだから!! って。

そうなる日もちょっぴり楽しみにしつつ、でも毎日のおかずに頭を悩ませつつ、お弁当、がんばろう。

給食が嫌い、お弁当があるんだったら受験して私立に行ってもいいかな、
それも中学受験をすると決めた、大きな理由だったので(^^;)
お弁当くらいは私もなるべくまじめにつくる予定(笑)

まだ小さめのお弁当箱ですが、そのうちもっと大きなお弁当箱、必要かなぁ。

消えた3DS [ひとりごと]

3月、ムスコが小学校を卒業しました。

お友達に恵まれ、先生に恵まれた6年間でした。
小さなトラブルはあったけれど、先生を信じてお任せすることができました。
泣いて笑って、楽しい6年間だったと思います。

卒業式では、立派に成長した6年生の姿に感激しました。
入場する姿も、返事をする声も、卒業証書を受け取る姿勢も、すべてすばらしかった!
友達に、先生に、学校に、ありがとう。


卒業式の翌日、我が家で「卒業パーティ」が開かれました。
パーティとは言っても、要するにお友達が集まってワイワイと遊ぶ会(笑)
ムスコのクラスメートの女の子が中心となって企画、招待状をつくり配ったそうで、
ムスコ本人はいったい誰が来るのかよくわかっていなかったくらい。

当然、息子がわからない事は私がわかるはずもなく。
卒業式の日に「明日お邪魔させてもらいます」と数人のお母さんたちからご挨拶されて、
あ、〇〇ちゃんが来るのね、と初めてしったくらい。

当日、5人来て、2人きて、そのあとまた3人来て・・・・・とお友達が集まり
結局我が家に20人+ムスコで総勢21人の6年生が集まりました。
思ったより大勢だったので、私、ちょっとびっくり!!

用意しておいたお菓子やジュース、足りるのかしら・・・・・内心ドキドキ。
パンを焼き、フレンチトーストを作りみんなに出してあげたら、
さすが食べ盛りの小6生、あっという間にからっぽ。

お菓子やジュースも出しても出してあっという間に消えてしまうほど。

最後にもう食べられないかもね・・・と思いつつ出したフルーツポンチも、
気持ちいいほどキレイに食べてくれました。

どの子も、
「美味しかったです♪」「ごちそう様でした」「来てよかった~」と
喜んで帰って行ったし、ムスコ本人も大満足の1日だったようで
私もがんばった甲斐があったかな、と思っていました。


ところが。


ないんです。

ムスメの3DS。

6年生と一緒になって遊べなかった娘は、6年生たちの輪の中に入り
一人自分のDSで遊んでました。
ムスメにもムスコにも、ゲームはトラブルの元になるから絶対にお友達がいるときは使ったらいけない、と
言い聞かせていたのですが、6年生たちがwiiやDSで盛り上がる中、
さすがにつまらなくなった娘は、自分のDSを持ち出して一人で遊んでいたわけです。

お友達が帰り、それから数日ムスメもDSで遊ぶことがなかったのですが、
3日ほどして久しぶりにDSを使おうと思ったら、あれ?ない!
置いていたはずの場所にない!

卒業パーティの日に使って以来、触っていないので、外に持ち出した可能性は0。
それなら家にあるはずなのに、どこを探してもないのです。

ムスメがどこかに片づけて忘れてる、そう思って探し続けていますがどこにもありません。
考えたくはありません。でも。。。

ムスコのお友達が間違えて持ち帰ってしまったのでしょうか?
それとも故意に持ち帰った?
こんな事を考える自分がイヤで、ずっと否定してきましたが
DSが消えて1週間、今は悲しいけれど誰かが持っていったんだろう、と思う自分がいます。

21人で揃って写した写真を印刷しながら、
この中に犯人がいるとは思いたくない・・・という気持ち、
せっかくの楽しい思い出に泥を塗ったのは誰だ!と責めたい気持ち、
いや、もしこんな想像は間違えで、ムスメがどこかに置き忘れただけだとしたら、私はとんでもない人間ではいか、と
自分が許せない気持ち、


いろいろな思いが入りまじり、複雑な気持ちの私がいます。

可能性は0ではなりませんが、100でもありません。
お友達がいるところでは出さない、という約束をやぶったムスメにも非はありますから、
今さら、犯人捜しをするつもりはありません。

でも。
でも。

このモヤモヤした気持ちをどこに吐き出せばいいのかわからずにいます。

ムスメの3DSさ~~~ん、今どこにいますか?
出来ればそろそろひょっこり出てきてほしいんですけど。
まだ買って2か月。おnewだったんだけどなぁ(泣)

ムスコの可愛いお友達を疑ってる自分が嫌でたまらないんですよ~~~~~[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]


それぞれの誕生日♪ [育児]

私の誕生日は1月。

昔は成人の日だったのでお休みだったのに、今じゃ普通の日。

今年も家族で焼き肉。みんなが覚えててくれたでも嬉しいかな(笑)


2月は子どもたちの誕生日。

息子の誕生日が17日、娘の誕生日が26日。
毎年、先に誕生日がくる息子にプレゼントを渡すのですが、
これまた毎年必ず、娘がすねる(^^;)

「ずるい!」って。

あと1週間もすれば自分の誕生日が来るんだけどね。

今年も間違いなくそうなることがわかっていたので、あらかじめ娘に聞いておきました。
プレゼントは先に17日に渡した方がいい?
それとも、自分の誕生日の26日にもらえる方がいい? って。

ムスメ、ずいぶん悩んだれど、やっぱり同じ時にもらった方がいいそうです。

なので17日に家族でトイザらスへ行き
ムスコとムスメそれぞれに欲しいものを買うことにしました。

今まで、プレゼントはあれこれ悩んで事前に用意してたんだけど、
今回、初めて誕生日の当日に一緒にトイザらスに行ってかうスタイルに変更。
欲しいものは、3DSがWiiのソフトなのはわかっていたので。


トイザらスに行くと、二人とも迷わずソフト売り場へ直行。
他のおもちゃには目もくれず、ソフト売り場の前を行ったり来たり、行ったり来たり。
買ってもらえるソフトは1本だけ。
それはもう熱心に選んでます。

が!

その日は日曜日だったこともあり、パパが一緒だった!!!!
これが何を意味するのか。
パパさん、とにかく「だらだらと迷うのが嫌い」「買い物は欲しいものをパパッと決める」派。
あれにしよっかな、これにしよっかな、と悩む時間が大嫌い。

ソフト売り場で10分も過ぎると、
「決まった?」「これでいいよ」(と、売上№1のソフトを持たせる)「早く決めなさい」・・・・・
もっといろいろじっくり選びたいのに、パパにせかされ気持ちが焦る子どもたち。


トイザらスに来たら長期戦を覚悟している私にしてみたら、
悩む時間がまた楽しいのに・・と思うのですが。

そんなこんなで、パパにせかされてかなりあわただしく選んだソフトは、
ムスコは「とびだせ!どうぶつの森」
ムスメは「子犬と遊ぼう」

後日、ムスコから
「本当はもっとじっくり選びたかった」と耳打ちされたのは言うまでもありません[あせあせ(飛び散る汗)]


なんとなく急いで選んだプレゼントではありましたが、本人が欲しかったものに間違いはないので、
二人とも取りつかれたように遊んでます[グッド(上向き矢印)]
そのくらい熱心に勉強してたら・・・・とついつい思ってしまうほどの熱心さ。


ちなみに。

ムスコはケーキはいらない、という事だったので
大好物の餃子をお取り寄せしてお誕生会をしました。

ムスメはご飯はいらないけど、ケーキだけは絶対欲しい。
だけど自分が選びたいので、今までみたいに予約はしないでほしい、とリクエスト。
学校から帰ってから一緒にケーキ屋さんへ行き、
ムスメの大好きないちごのショートケーキを買いました。


DSC05179.jpg

ムスコは12歳に、
ムスメは8歳になりました[かわいい]

春からムスコは中学生、ムスメは小学校の3年生。
特にムスコはだんだん顔つきがかわり、幼さがなくなってきました。
母としてはなんだか寂しい。
そのうち声変わりして、ひげとかそるようになって・・・・・キャー、そんなムスコ、今の所想像できません(笑)

平気で一緒にお風呂に入ったり、
私の膝をまくらにしてきたり、そんな事もそろそろ卒業するころかもしれません。
ムスコの親離れの時のために、私も少しずつ心の準備、しておかなくちゃ。

まだまだ甘えん坊なムスメがいますから、
しばらくは子どもべったりな時間も楽しみま~す[るんるん]


二人の子どもたちへ。
お誕生日おめでとう[かわいい]

バレンタインデー [育児]

14日、バレンタインデー。


子どもたちが誰かにあげたい、とか、誰かからもらえるかなぁ、とか
そんな話もしなかったので、私自身すっかり忘れてその日を迎えてしまいました(^^;)

昔はバレンタインデーと言えば、女性から男性へとチョコレートを渡す日だったので、
いまだ、その意識が抜けきれず。
今、女の子の間では「友チョコ」が当たり前になっているというのに、
それすら思い出すことなく14日を迎えてしまったマヌケな私です。


ムスメがお友達から手作りの「友チョコ」をいただいてきました。
ムスメに、自分からもお返しの友チョコをあげたい、と言われたけれど、
さすがにそれから作っても間に合わず。
ちゃんと一緒に準備しなかった事を、痛く後悔です。
そっかそっか、もう小2にもなったら友チョコ、当たり前だったのね[あせあせ(飛び散る汗)]

女の子の母として、反省です。

幼なじみのお友達のママさんからは、
ムスコが大好きだから、とアップルパイをいただき、ムスコは大喜び♪
ムスコは内心ちょこっと期待してた(?)のかもしれませんが、
お友達からもらったチョコは1個。
(いわゆる「友チョコ」だそうです・笑)
ムスメが2個の友チョコをもらったので、娘の勝ち~~~[かわいい]


小学校ではチョコのやり取りが禁止されているせいもあり、
まだ小6のムスコはさほどバレンタインデーを意識するお年頃ではありません。
チョコレートが苦手な息子は、「別にもらっても嬉しくないし」と見え見えの強がりも言ってます。
が、
きっと来年あたり、中学生になったバレンタインデーはきっともう少しドキドキわくわくするイベントになるのかも
しれません。
きゃー、母もちょっとワクワクしてしまいます[わーい(嬉しい顔)]

来年は私ももっと娘と一緒に、バレンタインデー[黒ハート]を楽しまなくちゃ!


もらったお友達へのお返しは、
3月14日のホワイトデーに心をこめて贈りたいと思ってます。

中学入学準備 [育児]

ムスコ、4月から中学生になります。


受験を終え、進学する学校が決まってからというもの、
ムスコは毎日遊びほうけてます(^^;)
中学受験を経験し、学習習慣がついたのかと思っていたのですが、
もう「勉強の仕方も忘れたし」とびっくりするような事を平気で口にしています。
こんなんで、中学生になって大丈夫なんでしょうか??


ムスコは私立の中高一貫校へ進学します。

先日、まずは制服の採寸へと行ってきました。
小学校が私服だったので、幼稚園以来の制服。
まだ身長が135センチほどしかない小粒な息子、制服がどれもこれも大きい[たらーっ(汗)]

今、私服は130センチ~140センチを着ています。
140センチ、少々大き目、ズボンに限って言えば140センチは無理です。130センチがジャストサイズ。
そんな息子、制服は150センチを購入しました。
ズボンは140センチ、それでもかなりの長さを丈上げ。
足は現在22センチですが、購入した靴は23センチ。

大丈夫なんでしょうか・・・・・・・[あせあせ(飛び散る汗)]


そして先日、入学説明会に参加してきました。

公立中学校のように、髪型などに細かい規定はないようです。
自転車通学も距離に関係なく許可されています。
ムスコも自転車通学をしたいようですが・・・・・・・

私が現在乗っている24インチの自転車でさえ、足が届きません。
試しに乗ってみましたが、転びました[ふらふら]
多分、中学生にもなれば26インチ以上の自転車に乗るのがふつうだと思われます。
ムスコ、まだ乗る自転車がないと思われますので、しばらくは徒歩通学になりそうです。

さっそく宿題も出ました。
国語と数学の問題集、そして作文。作文は息子の一番苦手分野。
そして英語の宿題も。

ずっと通っている塾で、今、中学入学に向けての数学と英語の学習をしているのですが、
英語、苦戦しています。
息子が通う中学校は、英語に力を入れている学校なので、これからかなりがんばらないと
授業についていくのが大変そう[あせあせ(飛び散る汗)]


この学校に決まった時、
「ここでがんばるから」と宣言した息子。

今のところ、これでもか!と遊びまくっておりますが、
ぼちぼち宣言した時の気持ち、思い出してほしいものです。

悩み中 [おでかけ]

来月、オットの出張にくっついて東京に行こうかと計画中。

春休みには卒業祝い&中学入学祝いを兼ねて、どこかへ旅行でも・・・・・と当初は考えてました。


が。


年末年始から受験まで、あれこれかかった塾代&受験費用。
学校が決まれば入学金に制服、学用品の購入費用。
春にはオットが部下の結婚式に立て続けに2つ出席。
今じゃお祝い、一人につき10万円が相場だとか!!! 
もはや、親族並みに必要な時代にビックリ[あせあせ(飛び散る汗)]


北海道がいいかなぁ、
いや、やっぱり沖縄でしょう。
以前住んでいた、仙台を訪ねるのはどう?
ムスコはハワイかグアムって言ってるけど?

もう、そんな夢のようなプランを練るのは不可能という現実。
それでもどこかへ行きたい子どもたち。
苦肉の策として、オットの出張の時に一緒に東京行っちゃえ~というプランに落ち着きつつあります。

飛行機はオットのマイレージを使うのでタダ。
ホテルはオットが途中で仕事に行くことを考慮し、場所的に便利な品川駅近くで予約したとの事。

さて、問題は1泊2日をどう使うか。

私の中では
東京へ行く=TDRへ行く[るんるん]
とう構図しかなかったのです。
ところが、オットの仕事は夜のみで、昼間は一緒に行動ができるとのこと。
オットが一緒のTDRは残念ながら考えられません[たらーっ(汗)]
混雑嫌い、
行列嫌い、
夢と魔法に興味なし。
そんなオットと3月の週末のディズニーなんかに行った時にゃぁ、
多分入場口にてすでに虫の居所が悪くなる予感です[ふらふら]

今、TDRをはずしたプランを考えているのですが、
東京まで行くのに、TDRに行けないという事実がいまだ飲み込めず(泣)
私はやっぱり1日はTDRへ行きたい!
魔法の国で魔法にかかってしまいたい~~~~~[黒ハート]


(ちなみにムスメはディズニー行きたい派、息子はどっちでもいいよ派。
ムスコに行きたい所ある?と聞いたら、秋葉原のAKB劇場の前、渋谷のハチ公前、だそうです[あせあせ(飛び散る汗)]

規模の大きな博物館や技術館もたくさんあるし、
皇居や新宿のビル群、浅草やお台場、スカイツリーや東京タワー、国会議事堂や東京駅、
はとバスや水上バス・・・・・・

たった1泊2日。
この短い時間をどう使うか、今多いに悩み中です。

復活! [育児]

子ども達と私、仲良く揃ってインフルエンザウィルスにやられておりましたが、
3人とも無事、復活いたしました(^^)


「予防接種したのに、インフルエンザになるんだったら、来年から注射しなくていっかなぁ・・・」と言ったら  

オットに「予防接種というのは、かからない為に受けるものではなくて
かかった時に重症化しない為に受けるもの」
と一言言われました。

確かに。。
子どもたちは39度を超える熱がでたけれど、比較的回復も早かったし、
私自身も熱は38度ちょっと超えくらいでとどまり、市販の解熱薬で十分効果あり。
おかげでインフル中もずっと家事はほぼ普段通りこなせてました。
これが予防接種効果だったのかしら??

予防接種代は後でオットの会社からかかった費用分が支払われる為、
家計的には問題なしですが、
今年初めて注射をしていただいた近所に新しくできた病院
予約も不要で、思いついたらすぐに接種ができてとってもありがたかったのですが、
看護師さんもDrも注射が下手なようで・・・・・(^^;)

普段、予防接種で泣いたことのない娘が、1回目の接種の時に号泣。
おかげで2回目には死んでも行かないとだだをこね、
連れて行くのに相当苦労しました。
当然、2度目も「死ぬほど痛かった」と言い、今後絶対ここにはいかないと断言しております。

私もしていただきましたが、確かに・・・・・痛かった(^^;)


来年はどうしよっかなぁ。
今年は受験があったので、迷わず接種しましたが。
まぁ、来年の事は今度の冬がやってきた時に考えるとしましょう。


子どもたちの学校ではインフルA型が、
すぐお隣の学校ではB型が流行っているそうです。
ということは、Aの後にBにかかる可能性もあるということで!!!

手洗い、うがい、これからも気を付けましょう[グッド(上向き矢印)]

3人仲良く [育児]

4人家族の我が家、ただ今3人がインフルエンザなう[あせあせ(飛び散る汗)]


日曜日に熱を出したムスメ、月曜日に小児科で診察を受けたらインフルエンザA型と診断されました。
その日はずっと39度を超える熱が出て、赤い顔してずっと寝ていたムスメでしたら、
根が元気だからでしょうか??

翌日には37度前半、昼前には平熱。
学校は木曜日まではお休みしないといけないので、
プチ冬休みしてます。

そしてムスコ。
火曜日に学校から帰るなり「しんどい」 と。
熱を測ったら37度8分。
それからはどんどん熱は上がり、あっという間に39度台に。
ムスメが熱を出したときは、寝冷えしたかもねぇなんて思ったけど、
さすがに同じ屋根の下にインフル患者がいる事を思えば、
ムスコのインフル感染は確定でしょ。


そしてムスコが発症したその日、私もちょっとだるいなぁ、熱は37度4分。
これってもしかしてもしかするかも[がく~(落胆した顔)]

案の定、夜中に猛烈な寒気に襲われ、熱も急上昇。


そして本日、ムスコも私もインフルエンザA型と診断されました。
子どもたちの通う小学校では、ムスメとムスコのクラスが午後の授業が中止となったようです。
県内もインフルエンザ警報がでているとか。
珍しく流行にのっかっちゃいましたね、私たち(^^;)

今週は手話勉強にも行く予定にしてたし、学校へPTAの作業にも行く予定があったのに
当然のことながらすべてキャンセルです。あ~あ。


今朝。
オットが「これじゃぁ、仕事に行くわけにいかんなぁ」とポツリ。
当然、家族3人がインフルでダウンしてるから心配で行けないな、という事だと思いませんか?
ところが、オットの口から発せられた驚きの一言!
「保菌者が3人もいるなんてわかったら、みんな気持ち悪がるだろうし」 と。

え~~~~~~~~~~~~~[もうやだ~(悲しい顔)][もうやだ~(悲しい顔)]

てっきり病院に連れてってくれるのかと思いきや、
「朝は人が多いから、昼頃から出勤しようかな」 と二度寝。

え~~~~~~~?????マジですか????????????

結局息子を小児科へ連れて行き、いったん家に連れて帰った後、
私は近所の内科を受診した次第です。

オットの言う事もわからないでもありませんが、
本音を言えばちょっとがっかり、ちょっと怒り、ちょっとショック。。。
心の片隅には「心配」の気持ちがあったと信じたいものです。
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。